札幌ボデー工業株式会社

札幌ボデー工業の会社案内です。

トップ > 会社案内 > 会社紹介

会社紹介

北のテクノロジー発信基地

札幌ボデーは昭和24年(1949年)創業以来、車体メーカーとしてボディーの製作に一貫して取り組んできました。また、FRP(ガラス繊維強化プラスチック)を北海道で始めてトラックボディーに取り入れ、鉄鋼板金加工技術とFRP成形加工技術を融合させるなど、多様化するニーズに応えるため新製品・技術開発に力を入れ、明日の物流システムに貢献するニュータイプのトラックを開発・提供し続けてきました。

わたしたちは、いつも使う人の立場にたって真剣に考え、細部にまでゆき届いた心遣いで製作し、徹底した品質管理の下に信頼される製品とサービスを提供していきます。

街角の人気者 - 愛されるトラック作りを目指して

ユーザーの方々のあらゆるニーズに対応して、運搬する品物に最適なバンボディーを製作しています。

札幌ボデーではアルミ製バンをはじめサンドイッチ工法によるFRP製バンなど、全て独自に開発した技術を駆使して、軽自動車から大型車まで様々なバリエーションのドライバン・保冷車・冷蔵冷凍車をお届けしています。

オーダーメイドの個性派たち - あらゆるニーズにこたえる技術力

運搬する品物により、1ユーザーに1仕様のオーダーメイドを基本とした特殊用途車を数多く製作しています。

札幌ボデーでは、車輌に精通した技術スタッフが、ユーザーそれぞれの使いやすさを徹底的に追求しています。

美しく滑らかに - アイデアをカタチにするFRP技術

北海道で最初に自動車ボディーにFRPを取り入れた技術をもとに、SFタンク等の高品質な製品を提供しています。

札幌ボデーでは、自動車等で培われた技術をもとに、美しい曲面を要求するあらゆる商品の可能性を追求しています。

可能性の追求 - 新聞やへの積極的なチャレンジ

車輌製造技術は、鉄鋼・アルミ・FRP・木材・繊維など、あらゆる素材を使用し広範囲な技術が要求されます。

札幌ボデーでは、これらの蓄積されたノウハウを活用し、21世紀に飛躍を目指す北海道の地場産業として、積極的に新事業分野に取り組んでいきます。

アフターサービス

札幌ボデーでは、完成品に何らかの事故、障害が生じた場合でも、迅速にユーザーの不都合を解消できるよう、幅広い対応が取れる体制を整えています。

会社案内

ページのトップへ戻る